2022-02-04 18:30

大森靖子「道重さんがよりよくなっていくから好きになるしかなくて」~吉田豪インタビュー 証言モーヲタ

大森靖子
大森靖子
撮影/持田薫

プロインタビュアー吉田豪が、モーヲタたちが熱く狂っていた時代について、モーヲタ自身に直撃する濃厚インタビュー連載。今回のゲストは、超歌手の大森靖子さんです。道重さゆみなど、ハロー!プロジェクトへの楽曲提供も行っている大森さんはハロプロ愛の持ち主としても有名です。ヲタであることがご自身の活動にどのような影響を与えているのかなど、たっぷりと語っていただきました。

有名ヲタは伝説の人物

――大森さんのモーヲタ話はこれまでに何度も聞いてますけど、そこだけじっくり聞くことはなかったので、よろしくお願いします。

大森 そうですね、いつもは「ハロー!プロジェクトの音楽について解説してください」とかが多いので。自分からすると、この企画に出てるような人たちは伝説の人物でメンバーと同じ扱いなんですよ。田舎にいてネットを見てた人にとってはメンバーと同じですね。

――「あの有名ヲタが実在した!」って。

大森 そうです、東京に来たとき、「あの人だ!」ってコンサートが始まる前にいったんテンション上がるっていう、「サムライ(注1)おる! 貴族(注2)おる!」みたいな(笑)。「熊井(友理奈)ちゃんおる!」と同じぐらいですね。掟(ポルシェ)さんとか杉作(J太郎)さんもそういう人物として認知してたから。

――当時は『BUBKA』とかより2ちゃんねるでそういう情報を仕入れてたんですか?

大森 そうです、口悪いなと思いながら見てました。なんでそんなに口悪いんだろうって。あと現場にいっぱい行ける人はどうやって生活してるんだろうとか気になってたから、いまになってこのインタビューでお話しされてるじゃないですか、仕事を辞めてたとか。

――同人誌の高額転売をやったりとか。

大森 そう(笑)。たとえば道重(さゆみ)さん関係だったら、この有名ヲタは遺産で過ごしてるらしいとか、そういうデータは出てくるけど、さすがに他ヲタについては詳しくわからないので。自分は愛媛の中高生でお金がないから在宅をしていたし現場もないじゃないですか。だから伝説の人物に並べたみたいな気持ちもあるんだけど、観に行ったときは友達だと思ってるくらい話しかけてくるサムライは何ごとだと思って(笑)。ただ、自分のなかでは伝説の人物だから、話しかけてもらえたぐらいの気持ちではいる(笑)。

サムライ(注1)……有名ヲタである有馬岳彦。2021年3月号の本連載にも登場した。
貴族(注2)……有名ヲタ。ナチスのコスプレ姿で知られる。

BUBKA3月号 コラムパックのご購入はこちら

BUBKA3月号 コラムパック
BUBKA3月号 コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年11月号 BUBKA(ブブカ)2022年11月号電子書籍限定版 BUBKA(ブブカ)2022年11月号コラムパック
愛森ちえ 坂上未優