2022-01-04 20:00

【BUBKA2月号】R-指定「Rの異常な愛情」―或る男の日本語ラップについての妄想―DABOの革命前夜(前編) 時代に選ばれた男“ Mr.FUDATZKEE”

――『DIAMOND』はDABOさんのレーベル「BABY MARIO PRODUCTION」の制作だけど、それ以前の『Platinum Tongue』『HITMAN』はDef Jam Japanからのリリース、つまアメリカのトップヒップホップレーベルの日本支部からのリリースだったんだよね。

R-指定 そのレーベルと契約した第一号がDABOさん。Def Jam Japanという看板を背負ったアーティストだから、「俺を見たらヒップホップが分かるようにしていかなくちゃいけない」みたいな、見た目もラップも音の感じも「これぞヒップホップ!」と分かるようなキャラクターにしていこうと思ってた、っていうことをインタビューでも話されてて。その戦略にまんまと俺は乗せられましたね。『DIAMOND』で最初に心持ってかれたのは“ワカホレ(Get Busy)”や“ スーパーバックシャン(Yes,Sir)”。

――では『Platinum Tongue』の解説に入る前にその2曲の解説をお願いします。

R-指定 “ワカホレ(Get Busy)”はまずキャッチーなフックにハマりましたね。すごいラッパー的なサビというか、フックの作り方だと思うんですよね。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  2. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  3. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.9 坂本慎太郎、ブレイクしたくない 好きな人に届いているいまがベスト
  4. 吉田豪インタビュー、中村一義…いつも『最後の聖戦』の気持ちで
  5. クリープハイプ尾崎世界観、「生きづらさ」ゆえに感じる「生きやすさ」…吉田豪による新連載スタート
  6. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.8 原田郁子(クラムボン)、自分たちが出した音に全身を震わされて
  7. 渡辺正行「テレビに出る前の原石を、たくさん見ることができたのは幸せですよね」
  8. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.12 曽我部恵一「中2のときの自分にとって誠実かどうか」
  9. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  10. R-指定&KennyDoesが語る、それぞれのRIP SLYME「感」
  1. フジ佐久間みなみアナ、引き締まった腹筋も披露…1stフォトブック発売「ありのままの自分を」
  2. 宮田愛萌、フォトブック発売決定!ファンを惑わす“あざとぶり”は健在
  3. 鈴木絢音、幼少期の“敬礼”ショット公開
  4. 乃木坂46の5期生菅原咲月、金曜レギュラーとして『ラヴィット』登場!最速の開始20分で洗礼を受ける
  5. 鈴木絢音、『あざとくて何が悪いの?』で方言を交えた、めんこい“あざと女子”を披露
  6. 日向坂46金村美玖、イエローワンピで表紙を飾る「私も呼んでいただけてとても嬉しかった」
  7. 日向坂46佐々木久美・齊藤京子・丹生明里、一足お先に展覧会を見学
  8. 日向坂46佐々木美玲「まだまだ上に行きたいメンバーしかいません」6年目の飛躍を誓う
  9. なえなの、最新フォトブック発売決定「ワクワクするような1冊になっていると思います」
  10. 乃木坂46菅原咲月、甘々ないじけ顔…5期生写真集『あの頃、乃木坂にいた』より封入特典ポスターカット第4弾解禁