2023-02-03 18:10

杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』

杉作J太郎がアニメについて語る
杉作J太郎がアニメについて語る

魔女じゃなく美女

第1クール最終回となる第12話はとにかく話題になりました。第11話が感動的な話だっただけに、みんな衝撃を受けたでしょうね。とにかく第11話は幸せすぎでしたから。でもね、あまりにも感動的ゆえ僕はある程度の覚悟はしていたんですよ。僕もたくさんの映像作品を観てきましたし、作ってもいますから分かるんです。これは荒れるフリだぞ!と。新日本プロレスで例えたらブルーザー・ブロディ襲来!のような波乱はあるだろう、と。そして世の中で物議を醸した第12話ラスト。これもネタバレは避けますが、言っておきたいのは“作品ではすでに戦争状態にある”ということ。ラストのスレッタもね、『プラトーン』や『ディアハンター』といった戦争映画ではよくある話なんですよ。だからあのスレッタをあんまり悪く言わないで! と言っておきたいです。そう、いま実際にロシア・ウクライナ間で戦争が起こっていますよね。日々、ウクライナの悲惨な状況が映像として伝わってくる……そんな時代に作られている作品、ということを意識して観てほしいです。

第12話の話題性から『チェンソーマン』や『スパイファミリー』を観ていた層が、これから後追い視聴を始めると思います。そういう方のために言っておきたいのは「プロローグから見るのが大事」。プロローグではスレッタの子供時代……とおぼしき姿が描かれるんですが、これを観ているのと観ていないのでは第1話の印象が違ってきますから。そんなふうに『水星』はとにかく謎が多い。なので『水星』はガンダムシリーズというより、どちらかといえば『新世紀エヴァンエゲリオン』に近いかもしれませんね。いや、謎解きを楽しむという点では『江戸川乱歩の美女シリーズ』かな? みんなスレッタやプロスペラのことを“水星の魔女”と呼んでいますが、僕は彼女らを「水星の美女」と呼んでいますからね。うん、僕にとって『水星』はガンダムシリーズではない! 美女シリーズです!!

とにかくこれから『水星』を観られる方にハッキリ言っておきたいのは、「『水星』は過去のガンダムとは全く関係ない!」ということ。第12話を観て「これこそガンダムだ」とか「やっとガンダムらしい話になった」とか言っている人がいましたが……そういう観方をしている人には、これからの『水星』を楽しむことは厳しくなってくると思います。だって『水星』は全く新しいコンテンツを作っているわけだから。作り手側も過去作と比べられるのは望んでいないと思いますよ。だから昔の知識を捨てたもの勝ち!……と言っている僕自身がデアゴスティーニの『隔週刊Gメン’75 DVDコレクション』を現在45巻まで揃えているわけですが。まあ、昔のものだからといってなんでも捨てていいわけではないですからね。

とにかく過去のガンダムシリーズをまったく忘れて観たほうがいい。今回の作品だけを見て判断しなくてはいけないと思います。あと、『水星』には恋愛要素もあるんですよ。スレッタは恋に恋する女の子で、この恋の行方も見どころのひとつです。僕は独身なんですが「進めば2つ」マインドで今ついに結婚したくなっているんですよ。是非ともスレッタはハッピーエンドを迎えてほしい! だってスレッタは僕なわけだからね。……ただ、スレッタがどうなっていくかはプロスペラにかかっていますから。もし第2クールで恋愛要素がなくなっていたら絶望しますよ。とにかく今の僕は能登麻美子に操られているんです!

――記事の続きは、発売中の「BUBKA3月号」で!

杉作J太郎|詩人・映画監督・DJ・ラッパー…etc。南海放送ラジオ『杉作J太郎 ファニーナイト』(毎週火~金19時~21時30分、毎週土 21時~23時)でパーソナリティを務める。アマゾンプライム見放題など各種配信サイトで監督作品配信中。

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年3月号 [雑誌] Kindle版
▼Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年3月号 [雑誌] Kindle版

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Jさん&豪さんの世相を斬る!@ロフトプラスワン[青春愛欲編] Kindle版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  2. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  3. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.9 坂本慎太郎、ブレイクしたくない 好きな人に届いているいまがベスト
  4. 吉田豪インタビュー、中村一義…いつも『最後の聖戦』の気持ちで
  5. クリープハイプ尾崎世界観、「生きづらさ」ゆえに感じる「生きやすさ」…吉田豪による新連載スタート
  6. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.8 原田郁子(クラムボン)、自分たちが出した音に全身を震わされて
  7. 渡辺正行「テレビに出る前の原石を、たくさん見ることができたのは幸せですよね」
  8. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.12 曽我部恵一「中2のときの自分にとって誠実かどうか」
  9. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  10. R-指定&KennyDoesが語る、それぞれのRIP SLYME「感」
  1. フジ佐久間みなみアナ、引き締まった腹筋も披露…1stフォトブック発売「ありのままの自分を」
  2. 宮田愛萌、フォトブック発売決定!ファンを惑わす“あざとぶり”は健在
  3. 鈴木絢音、幼少期の“敬礼”ショット公開
  4. 乃木坂46の5期生菅原咲月、金曜レギュラーとして『ラヴィット』登場!最速の開始20分で洗礼を受ける
  5. 鈴木絢音、『あざとくて何が悪いの?』で方言を交えた、めんこい“あざと女子”を披露
  6. 日向坂46金村美玖、イエローワンピで表紙を飾る「私も呼んでいただけてとても嬉しかった」
  7. 日向坂46佐々木久美・齊藤京子・丹生明里、一足お先に展覧会を見学
  8. 日向坂46佐々木美玲「まだまだ上に行きたいメンバーしかいません」6年目の飛躍を誓う
  9. なえなの、最新フォトブック発売決定「ワクワクするような1冊になっていると思います」
  10. 乃木坂46菅原咲月、甘々ないじけ顔…5期生写真集『あの頃、乃木坂にいた』より封入特典ポスターカット第4弾解禁