2023-02-03 18:10

杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』

杉作J太郎がアニメについて語る
杉作J太郎がアニメについて語る

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』(第一期)最終回がツイッター・トレンドを独占! というニュースが記憶に新しいアニメシーン。昨年に続いて今期注目作品を杉作J太郎が語ります。

綾波レイの再来!?

先日(1月9日)『機動戦士ガンダム 水星の魔女』(以下『水星』)第12話(1クール最終回)が放送されましたが、いやあ話題になりましたね。でも、2クールの開始まで、ここから3カ月待つんだよ! 僕は大人だからこの状態でも耐えられていますけど、エキセントリックな若者は待ちきれないんじゃないかな。何がどう衝撃だったのかは、これから『水星』を観始める方のために言わないでおきますが、それくらいスゴいところで終わっているんですよ。

『水星』は第1話からもう好きでした。この第1話の結末が良かったんですけど、なにより主役の女の子――スレッタとミオリネが、とにかく好みだったんだよね。キャラクターデザイン、さらに言うと声も好き。これは僕が『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイさんに出会ったときと同じ感覚です。この2人では、どちらかというとミオリネが好きですかね。ミオリネには僕の好きな要素がすべて詰まっていて……いや、そんなこと言うとスレッタに悪いな。スレッタも……いや、やっぱりミオリネかなあ。えーと……うん、こう言おう。僕は見た目はミオリネが好き。スレッタは可哀そうなので気にかかるんです。スレッタがどう可哀そうなのか?を言ってしまうとネタバレになるので止めておきますが、僕の推理として“絶対に可哀そうな設定がある”と言っておきます。

この“可哀そうな設定”という点だけで言うと綾波レイを超えているかもしれませんね。綾波を作り出した男・碇ゲンドウはいかにも悪そうなヤツでしたよね。『水星』でこのポジションにいるのがスレッタの母親・プロスペラで、声優は能登麻美子さんなんです。プロスペラは一見優しくてソフトなキャラクターなんですが……それゆえに怖いんです。僕は昔から能登さんのラジオを聴いていたり、『地獄少女』の閻魔あいも好きでしたけど、このプロスペラ役で能登さんは最大の恐怖になりましたね。閻魔あいのような娘役を演じても怖いし、母親を演じても怖い! でも、この能登さんの演技がまた素晴らしくて。『水星』には花江夏樹など人気声優が揃っていますが、そんななかで能登さんは照ノ富士ばりの横綱相撲ですよ。

間違いなく『水星』は僕の人生のなかで出会った大きな作品のひとつになりました。実際に僕の人生にも影響を及ぼしていますからね。『水星』には「逃げたら1つ、進めば2つ」という作品のキーワードとなる言葉があるんです。これはプロスペラが娘のスレッタに教える言葉なんですが、僕はこの言葉のおかげで車を買い替えることが出来たんですよ。というのも、ちょっと前まで買い替える元気がなかったんです。もう年齢も年齢だし、手続きとかいろいろと面倒ですから。でもそこで「進めば2つ」という言葉を思い出しまして。だから『水星』を観ていなければ、いま自動車には乗っていないです。いま乗っている車は気分的にスレッタが搭乗するガンダム・エアリアルですよ。まとめますと……僕はミオリネが好き。そしてスレッタは僕なんですよ。今の僕はスレッタとともに歩んでいるんです。

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年3月号 [雑誌] Kindle版
▼Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年3月号 [雑誌] Kindle版

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Jさん&豪さんの世相を斬る!@ロフトプラスワン[青春愛欲編] Kindle版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. ルルネージュ池田杏菜が明かす酔いどれ事件簿【BUBKAアワード】
  2. Uインターの生き字引 鈴木健が語る 髙田延彦vs北尾光司戦の真実
  3. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  4. プロレスラー・山本喧一(ヤマケン)が語る「令和UWF構想」への想いと苦悩
  5. 乃木坂46星野みなみ「こっちもスッキリしたし飛鳥が言ってくれて良かった」
  6. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  7. プロ野球・俺たちが忘れられない助っ人外国人たち…伊賀大介×中溝康隆が語る
  8. 吉田豪「What’s 豪ing On」第十三回小山田圭吾、宇多丸×R-指定、鈴木おさむも…「BUBKA3月号」コラムパック配信
  9. 佐久間宣行Pが今のアイドル業界であえて火中の栗を拾ったワケ~吉田豪インタビュー
  10. 「最強の乃木坂46」秋元真夏キャプテンが放った力強い言葉への想い
  1. 日向坂46 初の“選抜制度”導入…正源司陽子、11thシングルセンターに決定
  2. 日向坂46正源司陽子『新参者』公演を終えて思うグループの“未来”
  3. 日向坂46小坂菜緒「本気でこの1年で獲りにいかなきゃいけない」、金村美玖「心の中では覚悟していた」
  4. 累計発行部数50万部突破「むかしむかしあるところに、死体がありました。」朗読劇として上演決定
  5. 乃木坂46山下美月2nd写真集発売決定「乃木坂46としての私の最後の姿を」
  6. 乃木坂46“OG”相楽伊織&北野日奈子、密着ショット公開
  7. 日向坂46 11thシングル新アーティスト写真解禁!センターは正源司陽子
  8. 乃木坂46遠藤さくら、重めの愛に悩むも“原因は自分にある”疑惑「えぇ~!私の問題?」
  9. 日向坂46濱岸ひより「私たちの学校では流行ってて…」謎の必殺技“デュクシ”にチームメイトも爆笑
  10. 櫻坂46大園玲、土田晃之の鋭い指摘に思わず自白「うまかったんで、見せたかった…」