2022-05-17 13:00

櫻坂46渡邉理佐、卒業後も芸能活動を継続「いろいろ挑戦していきたい」

「櫻坂46 渡邉理佐 卒業メモリアルブック『抱きしめたくなる瞬間』」取材会より
「櫻坂46 渡邉理佐 卒業メモリアルブック『抱きしめたくなる瞬間』」取材会より
©萩原大志/集英社

櫻坂46の4thシングル「五月雨よ」の活動期間をもってグループを卒業、約7年間の活動に幕を閉じる渡邉理佐。その集大成ともいえる「櫻坂46 渡邉理佐 卒業メモリアルブック『抱きしめたくなる瞬間』」(集英社)が、5月17日(火)に発売された。

さまざまなゲストを迎えてのコラボ企画や対談企画など、渡邉理佐本人がやりたい企画を全て実現させて詰め込んだ、ボリューム満点の本作は、発売前から大きな反響を呼び、既に重版が決定している。

発売日となったこの日、オンライン取材会が開催され、渡邉理佐が出席。作品の見どころのほか、グループへの思いを語った。

――本日発売日を迎えた今の心境はいかがですか?

渡邉理佐:約半年前から少しずつ準備を始めていたので、ついにやっと今日という日を迎えることができて、すごくうれしい気持ちと、これまでの約7年間の活動の集大成となる1冊なので、よりたくさんの方に見ていただきたいなという気持ちです。

――この本は渡邉理佐さんのやりたいことを詰め込んだ1冊ということで。メインとなる撮り下ろしは北海道と沖縄で撮影されたそうですが、それぞれの思い出をご紹介いただけますか?

渡邉理佐:北海道での撮影は、スノーボードをしながら撮影したシーンがすごく印象的でした。元々スノボをする予定はなかったんですけど、急きょ決まって撮影していただいて、その映像も公式のTwitterで公開されてるんですけど、映像を見たファンの方に好評で、それがすごくうれしかったです。

沖縄の撮影では、また北海道とは違った表情で、綺麗な海・夏らしい感じで元気いっぱいな姿を撮影していただいたので、また違う表情の私がお見せできるんじゃないかなと思います。

――櫻坂46のメンバーや憧れの新木優子さんなど、7組とのコラボをはじめ、卒業直前の記念の本として豪華な内容となっているとのことで、心に残った企画や撮影、何かありますか?

渡邉理佐:どの方との対談も、私の方から名前を挙げさせていただいて、メンバーだったら、このメンバーとこういうことがしたいなっていうことも具体的に私の方から提案させていただきました。大好きな新木優子さんとか、日向坂46佐々木久美さんであったり、あとは同じグループとして活動していた長濱ねるさんとの撮影だったりとかも、すごく本当にどの撮影も、私の方からいろいろ案を出させていただいて、それを実現してくださったので、本当にどれも思い出に残っています。

――今週末には卒業コンサートも行われます。コンサートや卒業後にしたいこと、お話しできる事があればお願いします。

渡邉理佐:絶賛リハーサル期間中なんですけど、まだ自分が卒業するっていう実感がしっかり湧いていないので、ちょっと不思議な感覚ではあるんですけど、残り数日ということで、たくさんリハーサル期間も含め、メンバーといっぱい思い出を作りたいなっていう気持ちですね。

卒業後については、これからたくさん自分の時間が増えたりすることもあるのかなと思うので、いろいろ気になってることに挑戦してみたりとか、お仕事も続けさせていただく予定ですので、いろいろ挑戦していけたらいいなと思っています。

――作品の中で、お気に入りのカットとその理由を教えてください。

渡邉理佐:全部お気に入りなんですが(笑)、アップになってるスノボの撮影の時のカットです。すごく自然に楽しんでいる表情をたくさんたくさん切り取っていただいたので、素の私を見られるんじゃないかなと思うので、お気に入りのカットです。

【櫻坂46 渡邉理佐 卒業メモリアルブック 抱きしめたくなる瞬間】
▼Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年7月号 BUBKA(ブブカ)2022年7月号電子書籍限定版「SKE48 野村実代×青海ひな乃ver.」 BUBKA(ブブカ)2022年7月号コラムパック
そよん
荒牧理沙 鈴木優香「W-DAY on the floor」 BUBKAデジタル写真集 川瀬もえ「フェロモン」 BUBKAデジタル写真集