2022-11-01 06:05

≠ME蟹沢萌子&冨田菜々風、“初の冬ソング”を語る

「BUBKA12月号」に登場する≠ME蟹沢萌子&冨田菜々風
「BUBKA12月号」に登場する≠ME蟹沢萌子&冨田菜々風
撮影/幸田昌之

11月23日に5thシングル『はにかみショート』を発売する≠MEから、リーダーの蟹沢萌子とセンターの冨田菜々風が登場。美大生になりきった二人の学校とバイト先での様子を覗き見ながら、息の合った関係性をお楽しみください。

ショートとロング

――冨田さんはついに念願のショートヘアにしたんですね。

冨田菜々風 もともと指原さんから「3枚目のシングルを出す頃になったら」と言われていたのですが、楽曲のイメージもあったりして先延ばしになって。ついに5thシングルで切ることができました。

――たしか、上京する前の時点で既に切りたかったんですよね?

冨田菜々風 グループに入った時に、勝手に切っていこうかなって思ったんですけど、さすがにダメだよなと思い、断念しました(笑)。

――逆に蟹沢さんは今伸ばしているんですね。

蟹沢萌子 長くなりました。

冨田菜々風 入れ替わりました~(笑)。

蟹沢萌子 実は私もここまでのシングルで何度か「短くしたいです」とお伝えしたタイミングがあったのですが、「長い方が似合うと思う」とおっしゃっていただいて、結局自分の中でも伸ばそうと思って伸ばしました。今は腰ぐらいまで伸ばしたスーパーロングにしてみたいです。

――蟹沢さんは冨田さんのショートヘア姿を初めて見た時、どう思いましたか?

蟹沢萌子 ロングのイメージが強かったので驚くかなと思ったんですけど、もともとショートだったんじゃないかなと思うくらい似合っていたので、切れてよかったねと思いました。

冨田菜々風 みんなに最初に見せた時の反応がすごくて(笑)。「地毛―!」って言いながら引っ張りにきました。

――やっぱり最初にメンバーに見せる時はドキドキしましたか?

冨田菜々風 鈴木瞳美ちゃんや菅波美玲ちゃんは「切らないで」って言っていたので、どう思われるかドキドキしていたんですけど、レッスンに「ああ、髪がない……」って言われました(笑)。ショートも好きになってもらえるように、私がもっと似合う人になりたいです。

――そのショートヘア姿で5thシングルのMVも撮影したばかりということですが、今作はどのような作品に仕上がっていますか?

冨田菜々風 ノイミーとしては初の冬ソングになっています。

蟹沢萌子 衣装も妖精さんみたいに可愛らしい雰囲気で、ターンする振り付けの時にその衣装が広がるのが素敵なんです。メンバーごとにドラマシーンも撮ったので、それが曲とマッチした時にどんな感じになるのか楽しみです。

冨田菜々風 今回の楽曲は髪の毛を切ったことを表現している部分もあるので、ターンした時に髪の毛もふわっとさせるように意識しています。

――ノイミーはこれまで夏曲が多い印象だったので、冬曲は新鮮ですね。

蟹沢萌子 私たち自身も最初に冬曲だと聞いた時は驚きました。もしかしたらしっとりした曲なのかなとみんなで予想していたのですが、ノイミーらしさはそのままでした。冬の寒い日ってなかなかテンションが上向かない日もあると思うんですけど、「冬もノイミー最高!」と思っていただけたら嬉しいです。

――インタビューの続き、アザーカットは発売中の「BUBKA12月号」で!

冨田菜々風=とみた・ななか|2000年7月17日生まれ、鹿児島県出身。ドラマで見せた「ナナカスマッシュ」で、多くのファンをイチコロに。女優業で培った圧倒的な演技力でパフォーマンスに磨きをかけ、ノイミーを夢の東京ドームへと導く、グループの不動のセンター。愛称は「ななか」

蟹沢萌子=かにさわ・もえこ|1999年10月25日生まれ、神奈川県出身。光り輝く道しるべとなり、グループの行く先を照らすノイミーのリーダー。最近は声優業によって表現力がさらに広がり、ほんわかした声から繰り出されるギャグによって恋にオチてしまうファンがあとを絶たない。愛称は「もえこ」

BUBKA (ブブカ) 2022年 12月号
セブンネットショッピングで購入

「BUBKA12月号」セブンネットショッピング限定版表紙を飾るノイミー蟹沢萌子と冨田菜々風
Twitterでシェア

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ) 2023年1月号 BUBKA(ブブカ) 2023年1月号 BUBKA(ブブカ) 2023年1月号
2022年日本語ラップの旅Rの異常な愛情vol2 かれしちゃん「ニュー・スクール・ロマン」 BUBKAデジタル写真集 大嶋みく「放課後アバンチュール」 BUBKAデジタル写真集
杉本愛莉鈴「Private roman」 BUBKAデジタル写真集 愛森ちえ