2022-11-02 12:40

須田亜香里、Team E「SKEフェスティバル」終了後 壁写真を外す

自身の写真を外す“SKE48”須田亜香里
自身の写真を外す“SKE48”須田亜香里
©2022 Zest, Inc.

11月1日、Team E「SKEフェスティバル」公演に出演した須田亜香里が、“壁写真”を外した。

須田は、2009年11月にSKE48第3期オーディションに合格し、2010年2月には、チームSへ昇格。2010年にはSKE48 4thシングル「1!2!3!4! ヨロシク!」でシングル初選抜入りを果たし、SKE48 26枚目シングル 「ソーユートコあるよね?」では、センターを務めるなど、現在まで表題曲選抜メンバーとして活躍してきた。また、自己啓発本の出版や写真集の発売、テレビやラジオのレギュラーなど多方面で活躍しており、今年9月24日には日本ガイシホールにて“須田亜香里卒業コンサート~君だけが瞳の中のセンター~”を開催。この日は、アイドル人生の締めくくりになる本拠地での“最後の公演”が行われた。

須田は最後に「これからもSKE48のメンバー、これから関わってくれる全ての方が笑顔になってくれることを願っています」と「桜の花びらたち」で劇場公演を締めくくり、ファンに向けて「温かく優しく育ててくださって本当にありがとうございました!」と充実した笑顔でステージを後にした。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS