2023-02-07 18:00

AKB48佐藤綺星「いつもよりカッコいいめのウインクを」年末の音楽番組を振り返る

「BUBKA3月号」に登場しているAKB48水島美結、佐藤綺星、橋本恵理子
「BUBKA3月号」に登場しているAKB48水島美結、佐藤綺星、橋本恵理子
撮影/市村円香

1月31日に発売された「BUBKA 3月号」(白夜書房)に、AKB48の17期研究生・水島美結、佐藤綺星、橋本恵理子が登場している。本誌では、『久しぶりのリップグロス』の表題曲選抜に抜擢された佐藤綺星、冠番組での発言やSHOWROOMでの対応が話題の橋本恵理子、年末の歌番組に出演し、お話し会では神対応ともっぱら評判の水島美結の個性あふれる3人にインタビューを敢行。今回、誌面に収まり切らなかった、年末の音楽番組やオンラインお話し会の裏話、さらにバレンタインの思い出について紹介する。

■本誌記事は途中までこちらで読めます
AKB48水島美結×佐藤綺星×橋本恵理子…新生三銃士揃い踏み!17期生の次世代トライアングルが見せる希望

――年末年始の活動を振り返ってください。

水島美結 私はやっぱり『CDTVライブ!ライブ!』さんです。帰省する予定だったんですけど、マネージャーさんから連絡が来て、「どうする? 選んでいいよ」って言われて、もちろん出たいので「出ます!」ってお返事しました。

――帰省するためのチケットは?

水島美結 取っていました。でも、キャンセルして。その連絡があったのが、本番の一週間くらい前でした。『涙サプライズ!』を踊ることになったんですけど、経験がなかったので、あいりちゃんと一緒に振り入れしました。

――本番までどんな気持ちで過ごしました?

水島美結 チャンスだから絶対失敗しないようにしました。先輩とのパフォーマンスなので、めっちゃ緊張しながら毎日過ごしていました。楽しみでもあったんですけど。カメラリハーサルに参加したことはあったけど、本番に出るのは本当に初めてだったので。

――本番直前はどんな感じでした?

水島美結 カウントダウンしながらだったので、「もうちょっとで年越しだー! わー!」っていう雰囲気だったけど、私はめちゃめちゃ緊張していて、本番中の記憶はほとんどないです。後で映像を見返したら、なんとか大丈夫でした。

――橋本さんも初めて歌番組に出ましたね。

橋本恵理子 私は23日の『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2022』に出させていただきました。もちろん緊張していたんですけど、本番直前に大西桃香さんが手をつないでくださって。寒い中だったので、「私の手、あったかいよ」って。隣にいたあいちゃん(佐藤)も手を握ってくれて、安心して本番を迎えられました。

――本番中の記憶はありますか?

橋本恵理子 あります。タモリさんは中継でいらっしゃるのかなと思ったら、同じ空間にいらして。「同じ空気吸ってたんだ!」って。

――出演者がもらえるボックスティッシュはどうしました?

橋本恵理子 3個入りなんですけど、1個は大阪の実家に持って行って、私がAKB48のグッズを集めていたコーナーに置いてあります。そこに置けることが嬉しかったです。親もめっちゃ喜んでくれました。

――絶対録画しましたよね。

橋本恵理子 してました。おじいちゃんとおばあちゃんも見てくれてたけど、私のことは見つけられなかったって言ってました(笑)。お母さんがアップにした画像を「ここ! ここ!」って教えたみたいです。

――『Mステ』に出たのと出なかったのとでは、年越しの気分も違いますよね。

橋本恵理子 嬉しかったですし、ファンの方が「いつか出たいね」とずっと言ってくれていたので、晴れ姿を見せることができてよかったです。

――フォロワー増えました?

橋本恵理子 1130人増えました。

――数えてるんですね。

橋本恵理子 あっ、ほんとだ! 覚えてる(笑)。

水島美結 私はあんまり増えませんでした。

佐藤綺星 深夜帯だったもんね。えりちゃんの場合は現場にも人がいたから。でも、みずみんは“見つかって”たよね。

水島美結 自分で投稿した写真には“いいね”はいっぱいつきました。

――そういう佐藤さんは?

佐藤綺星 私は大晦日の公演に出てから『CDTVライブ!ライブ!』に行って、クリスマス前からえりちゃんやみずみんと一緒に歌番組に出演できたのが嬉しかったです。今まで同期と一緒のことがなかったので。そうなると、楽屋では一人のことが多くて、無言が続くんですよ(笑)。「人見知りなの?」って言われるけど、そんなことなくて。本当はお話ししたいけど、楽屋って独特の緊張感があって、あんまりしゃべれる空気じゃないんです。ずっきー(山内瑞葵)さんとはよくしゃべっているんですけど。

――ずっき―先輩は楽屋で角の席を確保すると言ってましたよ。

佐藤綺星 私も端っこに座るので、必然的にずっきーさんの隣になるんです。それでもお互い無言の時は超無言なんですけど(笑)。だから、同期と一緒になれて、「今までで一番テンション高いね」ってメイクさんに言われました。実は、大晦日の公演で悔しいことがあって。ユニット曲のブロックの1曲目が私で、ソロ曲『彼女』を歌わせていただいたんですけど、プレッシャーがズドーンと襲ってきて、緊張で喉が開かなくて、詰まっちゃって。普段は泣かないのに、歌い終わってからゆいりー(村山彩希)さんの顔を見たら安心して泣いてしまって。悔しい気持ちのまま年を越すのは嫌だったので、『CDTVライブ!ライブ!』では「やってやるぞ!」という気持ちで『元カレです』を踊りました。カッコいい自分を見せられるようにしたし、カメラに抜かれる時にウインクしたりして。いつもよりカッコいいめのウインクをしました。新しい自分を2023年は見せていくぞという気持ちでやりました。

「オンラインお話し会」

――皆さん、オンラインお話し会ではどんな感じですか?

橋本恵理子 私は、中国のファンの方が多いです。中国のネットでバズったらしくて。

佐藤綺星 そうなの!?

水島美結 知らなかった!

橋本恵理子 「AKB48の橋本恵理子が中国語でファンにメッセージを書いた」っていう記事になったみたいで、それ以来、中国のファンの方とお話しする機会が増えました。3人に1人が中国の方です。

佐藤・水島美結 えー!

橋本恵理子 私に中国語を教えてくださる方が多くて、「中国語でクリスマスって何て言うか、知ってる?」という方が5人いました(笑)。

――なんで中国語を知っていたんですか?

橋本恵理子 小学生の時、中国の子が学校に来て、しゃべれたらいいなと思って、中国語の本を読んで勉強したんです。それもあるし、SNH48さんの選抜総選挙を見て、覚えたのもあります。まだしゃべれるのは挨拶くらいで、読み書きは軽くできる程度ですけど。

――佐藤さんはどうです?

佐藤綺星 私はお願いしてくる方が多いです。かわいい佐藤を欲している方と、叱ってほしい方がいて、タイプを見分けて、キャラを変えています。いかに短時間で魅力を伝えるかが勝負です。「釣って」と言われたら、全力で釣っています。

――叱るって、どんなことを言われるんですか?

佐藤綺星 「年末の大掃除をやっていない僕を叱ってください」みたいな。そんなキツいことは言えないので、「ちゃんとやってね♥」ってかわいく叱りました。そしたら、すぐ掃除してくれてました(笑)。

――海外の方は?

佐藤綺星 私のところには韓国の方と台湾の方が多いです。韓国の方はインスタで見てくださった方が多くて、台湾の方は『久しぶりのリップグロス』のMVで知ってくれたみたいです。

――水島さんは?

水島美結 私はとにかく素を出すことを意識しています。「こんにちはー!」って言っただけで、「うるさい(笑)」ってよく言われてます。お話し会が好きだし、楽しいので、テンションが上がって、大声で話しちゃうんです。「友達感覚で話せるね」って言われます。ファンの方も面白い方が多いです。あとは、愛を伝えてくれる方ですね。

佐藤綺星 みずみんのファンの方は、愛が深いです。みずみんの愛も深いですから。

――直接、対面してのイベントってありましたっけ?

佐藤綺星 個別の撮影会がありました。早く握手会をやってみたいです。

橋本恵理子&水島美結 私も!

橋本恵理子 私は握手会にも行っていたので。加藤玲奈さん、峯岸みなみさん、渡辺麻友さん、大家志津香さんのところへ。私はバラエティ番組が好きだったから、そういう場面で活躍されていた方のところに行っていました。大家さんと握手した時、顔をすごく近くまで寄せてくれて。私は小5くらいだったので、「小さーい! かわいい! ありがとう! また来てね!」って。めっちゃきれいでした。

バレンタインの思い出

――最後に、バレンタインの思い出を教えてください。

水島美結 友達にたくさん作りたいなと思って、いつも材料を買うんですけど、何かを入れ忘れちゃって、毎回失敗します。マカロンを作ろうと思ったら、ただのチョコになっちゃったり。今年は同期のみんなに作りたいです。

橋本恵理子 バレー部に入っていたんですけど、部活の友達とか後輩からいっぱいもらうので、ホワイトデーに返す係でした。

――いっぱいって、どれくらいですか?

橋本恵理子 8個くらいです。

佐藤綺星 私は友達で60個、部活で30個、チアの仲間から30個もらってた。

橋本恵理子 えーーーーーー! それ、120人ってこと?

佐藤綺星 そう。それを作って返さないといけないから、ママに「もうやめてほしい。バレンタインをなくしたい」ってボヤかれていました(笑)。

取材・文/犬飼華

佐藤綺星=さとう・あいり|2004年6月24日生まれ、千葉県出身。愛称は「あいちゃん」。

橋本恵理子=はしもと・えりこ|2006年4月16日生まれ、大阪府出身。愛称は「えりちゃん」。

水島美結=みずしま・みゆう|2003年11月12日生まれ、北海道出身。愛称は「みずみん」。

【HKT48田中美久表紙:BUBKA(ブブカ)2023年3月号 Kindle版】
Amazonで購入
セブンネットショッピングで購入(ポストカード 3種からランダムで1枚)

BUBKA(ブブカ)2023年3月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 Kindle版
Amazonで購入
セブンネットショッピングで購入(ポストカード 3種からランダムで1枚)

【BUBKA 2023年3月号 セブンネット限定表紙版「SKE48 北野瑠華ver.」】【セブンネット限定特典:北野瑠華(SKE48)ポストカード1枚付き(3種からランダム1枚)】
セブンネットショッピングで購入

BUBKA(ブブカ)2023年3月号電子書籍限定版「AKB48 田口愛佳ver.」Kindle版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING17:30更新

  1. 市川美織5年ぶり写真集発売…独創的なタイトルは自ら発案「まさか使われると思ってなかった」
  2. フジ佐久間みなみアナ、引き締まった腹筋も披露…1stフォトブック発売「ありのままの自分を」
  3. 乃木坂46山下美月、最高難度のヒット祈願で涙…メンバーもらい泣き「こんな弱々しい山下を見たことがない」
  4. 櫻坂46森田ひかるの告白に澤部佑仰天「何で1回も言ってくれなかったの?」
  5. 阿部華也子、生田キャスターに写真集を渡すも「絶妙の恥ずかしさ」
  6. 乃木坂46井上和、髪もシャツも濡れた艶やかな姿を披露…プールサイドでの新カットが解禁に
  7. 阿部華也子「自分の顔をまじまじと見るのが恥ずかしい」2nd写真集発売
  8. WHITE SCORPION、5月7日に次作リリースに向けた重大発表を予告
  9. 市川美織5年ぶり写真集のタイトルが「果汁29%」に決定!表紙カットが解禁
  10. 鈴木絢音、幼少期の“敬礼”ショット公開
  1. 市川美織5年ぶり写真集発売…独創的なタイトルは自ら発案「まさか使われると思ってなかった」
  2. フジ佐久間みなみアナ、引き締まった腹筋も披露…1stフォトブック発売「ありのままの自分を」
  3. 乃木坂46山下美月、最高難度のヒット祈願で涙…メンバーもらい泣き「こんな弱々しい山下を見たことがない」
  4. 櫻坂46森田ひかるの告白に澤部佑仰天「何で1回も言ってくれなかったの?」
  5. 阿部華也子、生田キャスターに写真集を渡すも「絶妙の恥ずかしさ」
  6. 乃木坂46井上和、髪もシャツも濡れた艶やかな姿を披露…プールサイドでの新カットが解禁に
  7. 阿部華也子「自分の顔をまじまじと見るのが恥ずかしい」2nd写真集発売
  8. WHITE SCORPION、5月7日に次作リリースに向けた重大発表を予告
  9. 市川美織5年ぶり写真集のタイトルが「果汁29%」に決定!表紙カットが解禁
  10. 鈴木絢音、幼少期の“敬礼”ショット公開