2022-01-21 17:00

乃木坂46鈴木絢音、“辞書を作る人”にフォーカス「小説幻冬」にて対談連載スタート

乃木坂46鈴木絢音の対談連載「言葉の海をさまよう」がスタート
乃木坂46鈴木絢音の対談連載「言葉の海をさまよう」がスタート

乃木坂46・鈴木絢音による対談連載「言葉の海をさまよう」が、1月27日(木)発売の小説誌「小説幻冬」(幻冬舎)にてスタートすることが決定した。

乃木坂46きっての本・辞書好きとして知られる鈴木。特に辞書への愛は深く、これまでも金田一秀穂先生、サンキュータツオ氏など、さまざまな方と辞書について語り合ってきた。1st写真集「光の角度」と、「新明解国語辞典 第八版」の発売日が奇しくも同じ2020年11月だったことから実現した飯間浩明先生(辞書編纂者/「三省堂国語辞典」編集委員)との対談も大きな反響を呼んだ。

「もっと辞書の世界を知りたい!」という鈴木の熱い思いでスタートすることになった本連載、タイトルは「言葉の海をさまよう」。「辞書を作る人」にフォーカスし、鈴木が感じた疑問や質問をぶつけていく。誰もが手に取ったことがあるものの、詳しくは知らない辞書の世界を、さまよいながら探索していく。

連載開始は、1月27日発売の「小説幻冬」2月号から。初回のお相手は辞書編集者。昨年末に刊行された「三省堂国語辞典 第八版」の編集も担当した、三省堂辞書出版部の奥川健太郎氏に話を聞いた。2月号・3月号に前後編で掲載予定となっている。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年6月号 BUBKA(ブブカ)2022年6月号電子書籍限定版 BUBKA(ブブカ)2022年6月号コラムパック
証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)