2022-12-31 11:10

スタイリスト伊賀大介が2022年オススメ本を紹介【BUBKAアワード】

「BUBKA2月号」BUBKAアワードに登場する伊賀大介氏
「BUBKA2月号」BUBKAアワードに登場する伊賀大介氏

今年もやってきました、BUBKA アワード! 編集部の独断と偏見で、2022 年に活躍した著名人にインタビューを行うこの企画。スタイリスト伊賀大介氏が、過ぎ去りしよき時代の本と新しい時代を象徴する“読書”を語る。

今年の収穫は如何に?

自分も非常に楽しみにしているこの企画。この1年で読んだものの中からみなさんへのおすすめ本を紹介していきたいと思います。

やはり今年はアントニオ猪木さんが亡くなってしまったことが個人的にも非常に大きな出来事でした。今後ますます関連本が出てくるとは思いますが、いかに偉大でカッコよかったかを世の中が語りだした中で、まずは『Gスピリッツvol .66アントニオ猪木1943‐2022』と『KAMINOGE131』の猪木特集号を。

Gスピリッツは主に写真が良くて、KAMINOGEは猪木さんが亡くなってすぐに関係者に新しい話を聞きにいっているんで、その話は知らなかったっていうのがめちゃくちゃ多かった。あと、ビジュアルに関しては「Gスピリッツ」だけじゃなくて東スポの追悼号が良かったですね。この2誌(紙)は持ってる引き出し、蓄積があるから凄いなと。東スポの追悼号はこんな写真見たことないっていうのが山ほどあって、坂口(征二)さんと風呂入ってる写真とかのオフショットがすごくよかったっすね。特に、倍賞美津子さんと付き合ってるときがやっぱりカッコいい。

時代もあって猪木さんのもみあげがいい感じで、デカい襟のシャツ着ててスタイリングがいい。生簀の中に網つっこんで魚獲ろうとしている写真とか最高(笑)。そして、本来週刊プロレスがやりそうなことをKAMINOGEが読み物としてやっていて、今の時代っぽいなっていう感じも受けました。東スポについては本のランキングとはまた違うのでこれはエクストラで。

そんな猪木さんの流れの中で読んだのが、『評伝モハメド・アリ――アメリカで最も憎まれたチャンピオン』です。カシアス・クレイはいかにしてアリになり、アリの座を降りていったのかということがとにかく詳細に書いてある。ボクサーとしてのイメージ、黒人の政治的なアイコンという側面、70年代のブラックカルチャーへの貢献なんかが全然知らなかったことも含めて書いてある。

当時の試合の時のリングサイドにいた面子がすごいんですよ。マービン・ゲイ、ダイアナ・ロス、ダイアン・キートンにウディ・アレン……。当時世界最高のスターだったのがよくわかります。キャリア後半とはいえ、現役のアリと同じリングに上がった猪木さんはやはり凄いとしかいいようがないです。掘れば掘るほど、こんな歪な真剣勝負がよく実現したなと、信じられない!!

――記事の続きは発売中の「BUBKA2月号」で

伊賀大介=いが・だいすけ|1977年、東京都生まれ。22歳でスタイリストとしての活動を開始。映画『ジョゼと虎と魚たち』『モテキ』『バクマン。』『ハード・コア』『おおかみこどもの雨と雪』『宮本から君へ』などの作品をはじめ、演劇、広告、ミュージシャンなど幅広く活動中。また、音楽や映画、印刷物にも造詣が深いことでも知られる。WEB連載『文春野球コラム ペナントレース2020』の巨人担当としてコラムの執筆も行っていた。

Gスピリッツ Vol.66 (タツミムック)
Amazonで購入

KAMINOGE131
Amazonで購入

評伝モハメド・アリ――アメリカで最も憎まれたチャンピオン
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年2月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年2月号 [雑誌] Kindle版

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊国屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

BUBKA (ブブカ) 2023年 2月号
Amazonで購入

「BUBKA2月号」表紙を飾る日向坂46三期生・上村ひなの

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  2. 杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』
  3. すべての球団は消耗品である「#4 1994年の鈴木近鉄編」byプロ野球死亡遊戯
  4. 天龍源一郎「4年3カ月…感謝しかありません」ミスタープロレス交龍録 最終回は『三遊亭円楽』
  5. アイドルグループ「クマリデパート」音楽プロデューサー・サクライケンタが語る創作のこだわり
  6. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  7. 田村潔司「解析UWF」第5回…長期欠場中に気づいた山崎一夫さんのうまさ
  8. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  9. 椎名誠「体験してみることに価値があるんですよね『おとなしくしておこう』はよくない」
  10. すべての球団は消耗品である「#3 1999年の野村阪神編」byプロ野球死亡遊戯
  1. 乃木坂46は「お姉さん感」、日向坂46は「三女感」人気振付師CRE8BOYが語る振り付けのこだわり
  2. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  3. 杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』
  4. すべての球団は消耗品である「#4 1994年の鈴木近鉄編」byプロ野球死亡遊戯
  5. 天龍源一郎「4年3カ月…感謝しかありません」ミスタープロレス交龍録 最終回は『三遊亭円楽』
  6. アイドルグループ「クマリデパート」音楽プロデューサー・サクライケンタが語る創作のこだわり
  7. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  8. 乃木坂46“おとな選抜”新WEB動画公開!秋元真夏がお家飲みを楽しむ様子も
  9. 田村潔司「解析UWF」第5回…長期欠場中に気づいた山崎一夫さんのうまさ
  10. 日向坂46 四期生「おもてなし会」dTVで生配信決定