2022-12-04 06:15

クリープハイプ尾崎世界観、「生きづらさ」ゆえに感じる「生きやすさ」…吉田豪による新連載スタート

「BUBKA1月号」吉田豪による新連載、初回ゲストはクリープハイプ・尾崎世界観
「BUBKA1月号」吉田豪による新連載、初回ゲストはクリープハイプ・尾崎世界観
撮影/河西遼

プロインタビュアー・吉田豪による新連載が始動! 今回のテーマは「吉田豪とミュージシャン」。初回のゲストはクリープハイプの尾崎世界観。音楽だけでなく文学の世界でも活躍する彼の、創作活動の原動力についてじっくりと話を聞いてみました。

「居場所がない」

――尾崎さんは水道橋博士の『メルマ旬報』に執筆したりと近い世界にいるのに接点がなかったので、1回ちゃんと話してみたくて連載初回のゲストに呼ばせていただきました。

尾崎世界観 そういうことだったんですね。ありがとうございます、うれしいです。

――サブカルな若手がなかなか出てこないってずっと言われてるんですけど、なぜかミュージシャンにはそういう枠の人がいると思ってて。たぶん尾崎さんもそっち側ですよね。

尾崎世界観 どちらかというとそうですね。

――これはなぜかと思ったら、ボクが考えるサブカルの直訳は自意識過剰なんですよ。

尾崎世界観 なるほど!

――考えなくていいことを考えすぎちゃうタイプという意味ではミュージシャンにそういう枠の人が多いんだろうなと思うんですね。

尾崎世界観 そうですね。でも最近は芸人さんにも増えてきましたよね。そういう意味では、逆にミュージシャンがそこまで……。

――考えてない(笑)。30代、40代くらいのミュージシャンに多いぐらいですかね?

尾崎世界観 最後かもしれないです。あとは若干そこに影響を受けてる若いミュージシャンはいるかもしれないですけど。ちゃんと影響も受けつつ、自分でももともとそうだったという人は、30代半ばくらいが最後かもしれない。

――バンドってたいへんじゃないですか。

尾崎世界観 たいへんですね……。でもメンバーのほうがたいへんだと思います(笑)。クリープハイプってワンマンバンドに見られがちで、それもそれでけっこうたいへんなんですよね。ワンマンバンドでいるためにめちゃくちゃ努力をしている。周りから「自由にやってるんでしょ」ってよく言われるんですけど、そのワンマンバンドに見える形を作るまでの過程がけっこう面倒くさくて。自分なりに気を遣っています。そういうバンドが好きだったんですよね。銀杏BOYZとかエレカシとか。

――子供の頃からいろいろ考えすぎちゃうタイプだったとは、いつも言ってますよね。

尾崎世界観 そうですね。でも、バンドを始めてからよりそうなりました。自分のことを好きでいてもらわなければ成立しないという感覚だったので。まず曲を作って、その曲を演奏してもらわなければいけない。自分は曲を作ってるし、それを自由に歌ってるから、まだ理屈では理解できるんですよ、自分がやってる表現として。ただバンドメンバーは人が作った曲を演奏して、そこに賭けなければいけない。それが売れるという保証もないのに。ある種、お客様という感覚もあったんです。だからまず自分のことを気に入ってもらって。スタジオ代も均等に割るわけだから、まずそういう人がいてくれなければ始まらない。

――まずは身内に「こいつを応援して人生を懸けてみよう」と思わせなきゃいけない。

尾崎世界観 そうです。最初にバンドメンバーをファンにする。いまだにそれは抜けないです。MCで何を話すかも言わないし、やっぱりすごいなこの人と思わせたいので、お客さんと同じタイミングで「あぁ」ってメンバーを感動させたい。メンバーもかなり替わったので、うしろ向きな気持ちもやっぱりありましたね、いつかいなくなっちゃうんじゃないかという。だからメンバーに対して過剰に求めちゃうんですよ。自分のことをどれだけ見てくれてるかとか。ちょっとでもそれがうまくいかないと、もうダメだって勝手に考えすぎて。自分の悩みのほとんどがバンドメンバーとの関係にありましたね。あと、サブカルの話ができる人がほとんどいなくなりました。新井英樹さんの漫画とか魚喃キリコさんの漫画の話ができる、そういうバンドマンがいなくなっちゃいましたね。

「BUBKA1月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 吉田豪インタビュー&天龍源一郎最終回&R-指定(Creepy Nuts)も…「BUBKA3月号」コラムパック配信
  2. 乃木坂46齋藤飛鳥、“嘘偽りのない言葉”でつづったファンへのメッセージ
  3. 乃木坂46岩本蓮加×阪口珠美、若手座長の2人がアンダラを振り返る!口だけじゃないと証明した夜
  4. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  5. 乃木坂46林瑠奈さんの飛躍の根底にある“2つの強み”
  6. R-指定(Creepy Nuts)「真・スチャダラパー論」日本語ラップ創成期に与えたショッキング・ダイナマイト
  7. 乃木坂46久保史緒里さんが持つ“透明な色”で地元とグループを盛り上げる
  8. 乃木坂46柴田柚菜さんの歌唱力や表現力そして“ディズニー愛”にも注目
  9. RHYMESTER宇多丸のマブ論、CIRGO GRINCO、名曲量産マシン過ぎるんだが……!
  10. 日向坂46影山優佳×宮田愛萌、秀才コンビが導き出すアイドル処世術【BUBKA12月号】
  1. =LOVE野口衣織「最初の頃は慎重すぎた」、表題曲初センターを振り返る
  2. 「ずぶ濡れSKE48 Team S」発売決定!青海ひな乃・野村実代・坂本真凛・北川愛乃が表紙を飾る
  3. SKE48北野瑠華、新企画提案に「面白そう! やりたいです」
  4. 櫻坂46 5thシングル「桜月」収録内容解禁!『W-KEYAKI FES.2022』のライブ映像やマネージャー所有のスマホよりメンバー秘蔵動画集も
  5. 乃木坂46“公式ライバル”誕生へ…エイベックスが全国規模の大型オーディションを展開
  6. 宮田愛萌初の小説集『きらきらし』より表紙カット解禁「本の雰囲気に合っている」
  7. 日向坂46加藤史帆「グループと同じくらい家族のような存在」田村真佑&松田里奈&オテンキのりと共に『レコメン!』卒業
  8. 乃木坂46鈴木絢音 書籍「言葉の海をさまよう」カバーカット解禁
  9. 日向坂46宮田愛萌 初の小説集『きらきらし』が「小説新潮」に先行掲載決定
  10. 浜辺美波のカレンダー発売決定「たくさんの方々に毎日見てほしい」