2022-09-04 21:30

SKE48荒井優希&赤井沙希“令和AA砲”がプリンセスタッグ王者のベルト初防衛に成功

愛知・名古屋国際会議場で行われた「東京女子プロレス大会」より
愛知・名古屋国際会議場で行われた「東京女子プロレス大会」より
©2022 Zest, Inc.

SKE48の荒井優希が、9月4日、愛知・名古屋国際会議場で開催された東京女子プロレスの大会で、赤井沙希とタッグを組み、上福ゆき&桐生真弥組に勝利。プリンセスタッグ第10代王者のベルトの初防衛に成功した。

「東洋盟友(とうようめいと)」上福ゆき&桐生真弥組の桐生からの挑戦により、プリンセスタッグ第10代王者「令和のAA砲」赤井沙希&荒井優希組初の防衛戦となったこの日。

荒井は先月、6人タッグマッチで桐生、シングルマッチで上福との闘いに敗れており、勢いづく二人に攻められ続ける試合展開となった。中盤、赤井と上福のブートの応酬の横から入る桐生を荒井が止めきれず、東洋盟友が2人がかりで赤井を攻める危ない場面も。それでも桐生にサソリ固めを仕掛けるも上福に阻止されたところに、赤井が加わり、上福に合体リバース・ブレーンバスター、ダブルの新人賞を見舞い、赤井と連携攻撃を見せた。

桐生にFinally(かかと落とし)をかわされ、片品渓谷で押さえ込まれるが、2カウントでなんとか返す。会場からの「荒井!荒井!」の大声援に、荒井は桐生をコーナーに追いつめ、顎へのキックからフルネルソンバスター、最後はFinallyを決め、ベルトを守り切りった。

荒井優希コメント

私は、初めての防衛戦で、ベルトを獲って初めての試合でベルトを落とすことがすごく怖くて。ベルトを持っていることで少し自信が持てたところもあったのですが、最近負けが続いていて、このままベルトを落としてしまったらどうしようって思ってたんですけど、今日はなんとか守ることができて、また少し強くなれたような気がするので、次からの防衛戦はもっと自信を持って挑みたいなと思いました。「令和のAA砲」というタッグ名について、最初はちょっと恥ずかしくて、自分からは口に出さなかったんですけど、そう呼んでくださることが増えて、逆に(自分たちで名乗るようになりました)。

赤井沙希コメント

「令和AA砲」として始動して今日が初めての防衛戦だったんですが、名古屋という優希ちゃんにとって縁のある場所で初防衛戦ができて。試合前はちょっと自信なさそうだったんですけど、私にとっては優希ちゃんは頼もしいパートナーだし、今日もたくさんの人が力をくれてたと思うんで、そこは自信を持って。私にとって強力な強くて頼もしいパートナーなんで、今日も自信を持ってほしいなと思いました。防衛戦をすればするほど、強いチャンピオンになってくると思うので、自分的には(今後の対戦は)誰でも大丈夫です。「令和のAA砲」というタッグ名について、私たち違うお仕事もしているということもあって(「令和のAA砲」というタッグ名が)「今風じゃない」かなといいう感じはするんですが、やってる試合内容はバリバリ昭和なスタイルなので、名前もしっくりしてきました。いつからか私たちが自分だちで名乗るようになりました(笑)。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年11月号 BUBKA(ブブカ)2022年11月号電子書籍限定版 BUBKA(ブブカ)2022年11月号コラムパック
愛森ちえ 坂上未優