2021-12-04 23:00

SKE48荒井優希、バトルロイヤル参戦も「まだまだ実力の差はすごい」

インターナショナル・プリンセス王座次期挑戦者決定時間差入場バトルロイヤルより
インターナショナル・プリンセス王座次期挑戦者決定時間差入場バトルロイヤルより
©東京女子プロレス

SKE48の荒井優希が、本日、12月4日、東京女子プロレス新宿FACE大会に出場。乃蒼ヒカリ選手の持つインターナショナル・プリンセス王座への次期挑戦者を決める、時間差入場バトルロイヤルに参戦した。

「インターナショナル・プリンセス王座次期挑戦者決定時間差入場バトルロイヤル」には、8選手が参加。

90秒ごと入れ替え制で、中島翔子vs角田奈穂から、鈴芽、辰巳リカ、ハイパーミサヲ、伊藤麻希と、次々に選手がリングに上がってくる。

7番手で登場した荒井は、鈴芽とハイパーミサヲを足技で蹴散らし、中島翔子にボディスラムを決め会心の笑顔でスタート。

辰巳リカと一騎打ちになり、中島翔子とハイパーミサヲの協力もあり、辰巳リカをビッグブーツで場外に落として失格にした。

伊藤麻希と久しぶりに対戦し、フルネルソンバスターを決めるなど活躍したが、最後は中島翔子とハイパーミサヲの合体式首固めで3カウントを取られて途中退場に。残念ながら、挑戦権をつかむことはできなかった。バトルロイヤルは伊藤麻希が優勝し、次期挑戦権を奪取した。

次戦は、荒井の年内最終戦となる12月18日(土)、SKE48の本拠地名古屋で師匠・山下実優選手とのシングルマッチに挑む。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年2月号 BUBKA(ブブカ)2022年2月号電子書籍限定版「カミングフレーバーver.」 BUBKA(ブブカ)2022年2月号コラムパック
ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて 吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ