2023-01-04 06:00

棚橋弘至、石田ゆり子を前に「最初は直視できないぐらい神々しくて…」

石田ゆり子と棚橋弘至選手が出演するBIG新CM
石田ゆり子と棚橋弘至選手が出演するBIG新CM

新日本プロレスの棚橋弘至選手が、1月4日(水)から全国で放映されるMEGA BIGの新CMに出演することが決定した。

BIGのCMキャラクターを務めている女優・石田ゆり子と共演する棚橋選手。BIGオリジナルのエプロンに身を包み、BIG売り場の店長に扮(ふん)した石田の元にさまざまな客が訪れるという人気シリーズだ。

このたび放映される新CM「新しい技」篇では、「今年は新しい技に挑戦したい」という棚橋選手が12億円感のあるド派手な技名を披露。さまざまな新技を妄想し、大盛り上がりする石田と棚橋選手の掛け合いが見どころとなっている。

棚橋弘至選手オフィシャルインタビュー

――本日の撮影の感想は?

棚橋弘至選手:テレビで何度も見てきたMEGA BIGのCMなので、まさか自分が出られるとはという、本当に驚きと、嬉しさというのがありました。一生懸命やらせていただきましたし、すごくいい雰囲気の中で撮影できました。多少なりともセリフがあるので、僕のターンで時間を掛けてはいけないと思って、昨日の夜から滑舌を良くして噛まないようにということで(練習しました)。今日はばっちり、滑舌も走っていました。練習は1時間くらいですかね。

――石田さんとの共演の感想は?

棚橋弘至選手:本当に最初は直視できないぐらい神々しくて。すてきな方だなと思って。(普段)Instagramとかをどうしても見てしまって、「いいね」をずっと押しているんですけれども。テレビで何度も見ていた方なんですけども、実際に見ると、本当におきれいで。そして何よりチャーミングというかね。本当誰に対しても、丁寧に優しく接せられているので、とってもすてきな女性でした。またMEGA BIGのCMシリーズで、僕の大先輩の長州力さんが以前出られていたので、長州さんの様子を少し(石田さんに)聞いていました。(長州さんが)すごい緊張されていたと言っていて。あの長州力もやはり緊張するんだなというね。

――棚橋選手も緊張しましたか?

棚橋弘至選手:いや、僕、生まれてから緊張したことないんで。

――もし12億円あったら何かやりたいことはありますか?

棚橋弘至選手:12億円をいっぺんに使えるってなかなかないので、まず良いことから言うと、親孝行ね。プロレスラーになって、両親にはやっぱり心配を掛けたので、なんか旅行でも、家でも建ててあげたりとかね。あとは、結婚前とか、結婚してすぐくらいは、2ドアのスポーツカーに乗っていたんですけれども、すぐ子供ができたので、ファミリーカーというか家族で乗れる車にしてしまったので、2ドアのスポーツカーを買いたいです。あとは、自分のジムを作りたいですね。フィットネスジムを作って、僕がお気に入りのマシンをばーっと置いて。そして、ジム経営のほうにも乗り出したいなと思います。12億円を元手にフランチャイズも考えています。

――2023年はどんな1年にしたいですか?

棚橋弘至選手:2020年の2月からかな、コロナになって、プロレスも無観客試合になってね。今は会場で試合はできるんですけども、歓声が制限されていたりして、なかなかプロレスを楽しめる、みんなで騒げるっていう状況ではないので気を付けるところは引き締めながら、それでもやっぱりコロナ禍からの復活、みんなが音楽、スポーツ、その中でプロレスとか、もういろんなものが、楽しんでいけるような1年にしたいし、そうなったときに、先頭を走ってたいですね。ごくごくプライベートな話をすると2年ぐらいずっと太ってるんですよ。なので、2023年は、年始に新日本プロレスの大きい大会があるので、そこに向けてバチッと体を仕上げて、「ああ、やっぱり棚橋、いい体してるな」っていうのを1年キープしたいですね。

――今でもすごくすてきだと思います。

棚橋弘至選手:いやいや、やめてください。そんなの言われたらね、もう明日からダイエットしなくなっちゃうんで。

――CMのタイトル「新しい技篇」に絡めて、棚橋さんが直近でチャレンジしたことについて教えてください。

棚橋弘至選手:プロレスファンの人は、あの選手はあの技を使うっていう、やっぱりおなじみの見たい技とかもあるんですけども、今回(CMでは)新しい技で、実際にここ数年は僕自身新しい技が増えていないので、このCMの撮影をきっかけに、新しい技を何か考えようというモチベーションにもなりました。新しく始めたことと言われると、またダイエット関連になってしまうんですけど、むっちゃくちゃね今歩いてます。すごいウォーキングをしていて、1駅前に降りて、1駅分歩いて帰るとかはよくあるんですけど、僕は3駅分は歩いていますね。なので1日平均で、だいたい1万歩ぐらいは歩いています。いいですよ、散歩は。

――これから始めたいことはありますか?

棚橋弘至選手:2018年に僕主演の映画が公開になってるんですけれども、今日MEGA BIGのCM撮影で、演技魂に火がついたので、映画撮ります。僕の一存で決めました。

――視聴者に向けて新年のごあいさつをお願いします。

棚橋弘至選手:皆さん、明けましておめでとうございます。新日本プロレス、100年に一人の逸材、棚橋弘至です。2023年が皆さまにとって、すてきな1年になりますように。MEGA BIGを買って、いいことがあって、みんなでプロレスを観に来てもらってという、みんなが楽しい、幸せな1年にしていきましょう。MEGA BIG、愛してま~す!

――『書き初め』新年の抱負は「IWGP世界ヘビー級王者になる!!」

今は新日本のトップから遠のいてますけれども、2023年は、新日本のトップのベルト、IWGP世界ヘビー級王者になります。狙います!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA RANKING5:30更新

  1. すべての球団は消耗品である「#4 1994年の鈴木近鉄編」byプロ野球死亡遊戯
  2. 天龍源一郎「4年3カ月…感謝しかありません」ミスタープロレス交龍録 最終回は『三遊亭円楽』
  3. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  4. 田村潔司「解析UWF」第5回…長期欠場中に気づいた山崎一夫さんのうまさ
  5. すべての球団は消耗品である「#3 1999年の野村阪神編」byプロ野球死亡遊戯
  6. 田村潔司「解析UWF」第2回…アントニオ猪木が与えた多大なる影響
  7. プロレス・木村健悟「藤波は童顔でかわいらしい顔して、まだ身体も細かったから『絶対に俺のほうが強いだろ』と思ってたよ」
  8. SKE48荒井優希、山下実優選手とのシングルマッチ!試合に集中しメンバーの存在は「すっかり忘れていました」
  9. スタン・ハンセン「『ラリアット』がプロレス技として辞書に載ったりしたら、こんなに光栄なことはないね」
  10. 【新連載】田村潔司がUWFを解析…レスラーたちは何を見せていたのか
  1. 乃木坂46は「お姉さん感」、日向坂46は「三女感」人気振付師CRE8BOYが語る振り付けのこだわり
  2. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  3. 杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』
  4. すべての球団は消耗品である「#4 1994年の鈴木近鉄編」byプロ野球死亡遊戯
  5. 天龍源一郎「4年3カ月…感謝しかありません」ミスタープロレス交龍録 最終回は『三遊亭円楽』
  6. アイドルグループ「クマリデパート」音楽プロデューサー・サクライケンタが語る創作のこだわり
  7. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  8. 乃木坂46“おとな選抜”新WEB動画公開!秋元真夏がお家飲みを楽しむ様子も
  9. 田村潔司「解析UWF」第5回…長期欠場中に気づいた山崎一夫さんのうまさ
  10. 日向坂46 四期生「おもてなし会」dTVで生配信決定